この度は、当サイト「インフルエンザB型の予防にタミフルを常備しておきませんか?」にお越しくださり、ありがとうございます。

インフルエンザB型 サイト

私は2017年~2018年の、A型とB型が同時に流行するインフルエンザ大流行期に、20年ぶりにインフルエンザB型にかかり、大変な目にあいました。

長年インフルエンザに感染したことがなかったので、インフルエンザの知識はなく、症状がよくなった頃に病院にいってタミフルを処方してもらうという、とんちんかんな対応をしてしまいました。

また、大流行しているにもかかわらず、予防接種やマスクといった基本的な予防対策をしていなかったので、あっという間にインフルエンザに感染してしまいました。

 

もう、あんなしんどくてツライのは嫌だ!と思い、インフルエンザB型を中心に、インフルエンザについて、書籍やさまざまなサイトを参考にしながら、調べ直しました。

そしてインフルエンザに必要な知識を私なりにまとめたのが、当サイトのコラムです。

 

とくに、インフルエンザのお薬であるタミフルは、実はジェネリック薬が存在し、予防的に服用することが可能なことを知り、流行期がきてもすぐに対応できるように、取り寄せて常備しています。

症状が悪化してから、フラフラの体で病院にいって、タミフルを処方されたのでは遅いことを、じゅうぶんすぎるほどわかっているからです

 

そのほか、インフルエンザB型そのものの知識、予防対策、症状が出ている間の食事などについて、体験をベースにして調べたことを記事にしてまとめています。

インフルエンザは、きちんと予防していたとしても、うつってしまう、強い感染力をもつ病気です。予防をしながらも、残念ながら感染してしまった時に対応できるように、よかったら当サイトのコラムを参考にしていただければうれしく思います。

 

そして、毎年やってくるインフルエンザ流行期を乗り切っていただくことを願っています。